ダイスン

Arsenalとその他もろもろ

アーセナルの新シーズン(17/18)にヴォイチェフ・チェズニーは必要か?

アーセナルに敗れたにも関わらず試合後には大きな賞賛を浴びたサンダランドの若きゴールキーパー、ジョーダン・ピックフォード(Jordan Pickford)23才。サンダランドは来季チャンピオンシップへの降格がすでに決定しており、去就が注目されるピックフォードについて問われたヴェンゲル監督は「われわれにはペトル・チェク、オスピナ、ヴォイチェフ、エミ・マルティネスと十分なGKがいる」と獲得の噂を否定。少なくともGKは現有戦力で戦えると感じているようだ。

 

来季、17/18シーズンのアーセナルに思いを巡らせるとどのポジションも補強が必要だと思わされるが、われわれが現実的に見なければいけないのは新規獲得選手よりもまずはローンバックされる選手たちを来季どう扱うかである。

 

なかでも今季ローマのGKとして大活躍したヴォイチェフ・チェズニー(Wojciech Szczesny/スチェスニー)がアーセナルに戻るという報道を見かけて、ローマで才能を開花させたチェズニーが、果たしてアーセナルのセカンドGKという微妙な立場を受け入れるのかどうかが心配になった。

 

www.squawka.com

27才のポーランド代表GKは、2017年6月に古巣アーセナルに戻ることになっている。チェズニーは2006年レギア・ワルソウのアカデミーからアーセナルに引っこ抜かれた。ローマにローン移籍する前にはアーセナルで181試合に出場している。

BT SPORTSのインタビューに応えた。

 

「ここ(ローマ)でハッピーだよ。ゴールキーパーとしてだいぶ成長したと感じる。でももう決断のときだね」

「とりあえずぼくはアーセナルの選手だ。ローン期間が終わり次第ロンドンに帰る。いつもいっているけど、あそこに帰りたいとは思っているよ」

「なにが起こるか今は決められない。1、2ヶ月くらいのうちには今後どうするか決めるだろう」

 

ヴォイチェフ・チェズニーの16/17シーズン成績と評価(ASローマ)

  • 試合出場 36
  • クリーンシート 14
  • 試合ごとの平均失点 0.92
  • 試合ごとのセーブ 2.5
  • その他

Squawkaによると、イタリアン・セリエA16/17シーズンのゴールキーパーでパフォーマンススコアが第1位

2位以下には、2位ドンナルンマ(ミラン)、3位レイナ(ナポリ)、4位ブッフォン(ユベントス)、5位ハンダノビッチ(インテル)と続く。

f:id:diesoon:20170518113627p:plain

 

ローマは現在リーグ2位とユベントスの後塵を拝しているものの、当のブッフォンに比べてもだいぶ評価が高い。

この上位5人を比較したマトリックスがこちら。

f:id:diesoon:20170518115200p:plain

 

チェフとチェズニーを比べてみよう

f:id:diesoon:20170518115537j:plainf:id:diesoon:20170518115542j:plain

 

f:id:diesoon:20170518115559p:plain

f:id:diesoon:20170518115607p:plain

年齢は6才違い。身長196cmは同じ(でかい)。

WhoScored.comにおいて、この二人のキャラクターに大きな違いはないが、チェフのコンセントレーション(集中力)、チェズニーのロングパスがそれぞれにない特長だ。

またチェズニーには、クロスのキャッチに難ありとの評価。

 

f:id:diesoon:20170518120556p:plain

今シーズンのチェフと比較しても劣らない。トータルスコアではかなりの差を付けている。十二分の戦力である。

 

結論:アーセナルの17/18シーズンにチェズニーは必要だ。が……

おれたちのヴォイチェフが2シーズンぶりに帰ってくる。もちろん、イタリアで自信を付けた彼がアーセナルの第2GKに甘んじるつもりもないだろう。ボスならチェフとファーストを争ってくれというはずだ。

ただ第1GKを争うといっても11人のなかにGK枠はひとつしかないわけで、チェフとチェズニーまずどちらをファーストに選ぶかは結局は監督の胸三寸となることはいうまでもない。

ゴールキーパーは基本的にローテーションの必要がないポジションだ。怪我や明らかに調子を落とすといったことなどがなければ、第1GKはずっと第1GKのままだ。

もちろんシーズン中にGKが入れ替わるということは往々にしてあるが、開幕時にどちらもフィットしていれば、どちらを選ぶかでほとんどそのシーズンでの立場は明確になってしまう。チェズニーがイタリアで実績を残したからといって、それでチェフへの信頼が揺らぐとも思えない。今のチェズニーが控えを受け入れられるのか。

 

チェズニーがローンから戻り今後の身の振り方について親クラブと交渉をしていく際に、アーセナルは彼にどのようなオファーができるのだろうか。クラブとしては優秀なGKをキープしたいのは当然だが、それには相応の対価が必要だ。チェフがいるおかげでファーストを保証できないならば、いっそう難しい交渉になるに違いない。

 

今季最終盤になって本来の調子を取り戻してきたチェフ。イタリアで大活躍して一躍スターGKの仲間入りを果たそうというチェズニー。両方キープして調子のいいほうを使うのがアーセナルにとって理想のシナリオだが。夏にどうなっているか。今後を見守りたい。

 

そういえば「オーーーーースピーナー」の掛け声は今季限りでもうエミレーツでは聞けなくなるんだな。寂しくなるよ。親戚つながりでハメスが来るとかいってた奴だれだよ。