ダイスン

Arsenalとその他もろもろ

Civ好きなキミにおれが『Stellaris』の序盤戦をやさしく教えてあげます

先日Steamで購入した『Stellaris(ステラリス)』。宇宙を舞台にしたいわゆるストラテジーゲームである。Civilization(シヴィライゼーション)が大好きなぼくは以前から気になってはいて、セールだったのポチってみた。Steamでの定価は3,980円。

store.steampowered.com

 

ぼくはパラドックスのゲーム(パラドゲー)はおろか、Civ以外のシミュレーションゲームをほとんどやったことがない。遊び方を教えてくれる友だちもいない。なにもかもわからないという状態から、何度も心が折れそうになったのを乗り越えてやっと20時間ほどたってだんだんと面白さがわかってきて、今日37時間めにして初めて支配勝利でクリアできた(難易度・普通、マップ・極小)。時間かかりすぎである。

 

クリアしてみて改めて感じたのは、このゲーム評判に違わず非常に面白いのだけど、ゲーム自体難易度が高いし(軍備の揃っていない序盤で他国に攻め込まれた時点で即終了)、なにより遊び方を理解するまでがちょっと難しすぎるんじゃないかということだ。評判を聞いて買ってみたはいいが挫折して積んであるという人がけっこういるように思う。

 

いちおう初心者のための情報というのもググればWIKI始めいくつかあるのだけど、資料的な情報が多くてプレイしてみないことには何をいっているのかすらわからない。プレイして内容を知っていって初めて役に立つといった感じだ。

 

たとえばこの記事では、初心者のために序盤のプレイを丁寧に解説してくれており、いま見返すとなるほどよくできた記事であるが、正直実際にプレイして実地でゲームを理解をするまでは何をいっているのかよくわからなかった。 

www.gamespark.jp

 

初心者が初心者向けに入門記事を書くというのもなんだけど、そんなぼくみたいな友だちのいない孤独なPCゲーマーもいるんじゃないかと思ってこのエントリを書いてみた。

念のため、Civilizationシリーズをやったことがあるとか好きという人が対象である。残念ながらCivすらやったことがない人には説明できる気がしない。

 

Stellarisを始めてみよう

まずゲームスタートから何をやればいいのかがわからない。そのレベルの初心者に簡単に流れを説明するなら、Stellarisの大きな流れは以下のようになる。

  1. 帝国を選んでゲームスタート(Civで帝国を選ぶのと同じ)
  2. 調査船(Civでいう斥候)で星々を探索
  3. 建設船(Civでいう労働者)で調査船が見つけた資源を開発
  4. 調査船が勝手に見つけたりする「アノマリー」を研究する
  5. テクノロジー(Civの科学技術と同じ)を研究する
  6. 伝統(Civの伝統と同じ)を取る
  7. 資源を貯めながら富国強兵する(Civと同じ)
  8. 海賊(Civでいう蛮族)をやっつける
  9. 空いている惑星に植民して陣地を広げる(Civと同じ)
  10. 内政をひたすらチューンナップ(Civと同じ)
  11. 他国と交渉したり戦争したりする(Civと同じ)
  12. 勝利までがんばる(Civと同じ)

以上、だいたいCivと同じである。4のアノマリーだけはStellarisに特有で、未知の技術のかけらをたびたび発見する。ポップアップでアラートが出るのでいわれるままに研究していけば問題ない。調査船の現地への派遣が必要なものもある。

 

ちなみに始めにいっておくと、ぼく自身まだ理解できていないこともたくさんある。派閥や政策などは正直よくわかっていない。たぶん移民などの内政なんかに影響しているはずだけど、難易度普通ならとりあえずは無視しても問題はなさそう。

あと科学技術。どれを優先して取るべきなのか。StellarisにはCivのようは科学技術ツリーがない(見えていない)。ある科学技術を開発し終えて、次に選ぶ科学技術はランダムでリストに現れるので、どれを選べぶべきなのかがよくわからない。だから適当である。

艦隊の組み方もわかっていない。何をどうやったらひとつの艦隊にまとめられるのか。(追記:艦隊をシフトクリックでまとめて選択して艦隊を統合するボタン(合流)があった。わかりにくいわ)

わからないことだらけである。

 

基本的な操作方法

マップはWASDで上下左右に動かせる。マウス右ボタンのドラッグでグリグリとアングルを変えられるがほとんど使うところがない。頻繁に使うのは「Eキー」(Mキーでも同じ?)とマウスホイールで、単一の星系と銀河系を行き来するのに使用する。最初はマウスホイールで全体マップと詳細マップをシームレスに行き来できないことにイライラしたが、もう慣れた。そう考えるとCivのUIはよく出来ていたなあ。

f:id:diesoon:20170422182254j:plain

ゲーム開始直後、探索前の銀河系。真ん中上にぽつねんと見えるのがわが星系である。

 

CivilizationとStellarisは時間の進み方が違う

Civとの一番大きな違いは、ゲーム内の時間の進み方だ。Civはターン制で基本的に自分が何かアクションを起こさなければ時間は進まないが、Stellarisでは基本的にターンを待たずどんどんと高速に時間が進行していくので、必要があれば自分で時間を一時停止しなければならない(大事なアクションでは自動的に時間が止まる)。「Cities: Skylines」みたいな感じだ。あ、おれパラドゲーやったことあったわ。

 

最初は時間が止まっているのか進んでいるのかがよくわからなくて、しばらく画面を見つめていたらじつは一時停止中だったということはよくあった。わかりにくい。一時停止したら音声がすべてストップするようにできたらいいのだけど。

 

舞台が地球上と宇宙空間ということで、そのほかもちろん細かい部分で違いはたくさんあるが、大きなくくりではCivもStellarisも「4Xストラテジー」ゲームということでかなり似ているとおもっていいと思う。だからStellarisはCiv好きな人が挫折するには惜しいゲームなのだ。

 

MODについて

MODの当て方はかなり簡単。Steamワークショップでサブスクライブして、ゲームの起動画面でMODを適用するだけ。

ぼくが入れたMODは、

  • Japanese Language mod(日本語化MOD)
  • Japanese Voice of Notifications(結月ゆかりボイスでお知らせ)
  • Color coded pop status icons(POPのラベルに色付け)
  • Auto Auto-Explore(調査船で自動探索)

の4つ。どれも人気MODでとくに上のふたつは日本人に定番的に使われているもの。実績に影響のないものだけを入れた。

MODの作者の皆さまがたにはまじで頭が下がる。

 

Stellaris最序盤のやり方

もっと具体的に書いてみよう。まずゲームスタート時に一番始めにやること。

 

ゲームの準備:帝国選び&各種設定

選べる国はいろいろあるが、初心者はリストの一番うえにいる人間国家でいいと思う。それぞれの帝国の違いは種族の違いや政治体制の違いなどのほかに、「武器」と「星間航法」がカスタマイズできるが、とりあえず無視。

f:id:diesoon:20170422165819j:plain

キャプチャの「League of Earth」はぼくがカスタムでつくったもの。デフォルトに毛が生えたくらいで、慣れるまでカスタマイズにこだわる必要なし。ここは素直に人間族の帝国「United Nations of Earth」を選ぼう。

 

帝国を選んだら各種設定をそのままスルーして始めよう。なお、各種設定画面の一番下にある「鉄人モード」を選ばないと実績が解除できない。鉄人モードでは複数セーブポイントを持つことができない。ゲームを終了した時点でのセーブのみだ。つまり、他国に戦争をしかけるとか、何か試してダメだったら少し前の時間に戻るといったことはできないので注意。

 

ゲームスタート1:テクノロジー

まずは時間を止めたままの状態でもろもろの操作をすることから始める。

 

画面左上に虫眼鏡のノーティスアイコンが出ているのでそれをクリック。開発する科学技術を選択する。

テクノロジーは3つのスロットがある。物理学、社会学、工学だ。それぞれに研究する科学技術の候補が表示されるので、どのような効果があるのかを見て適当なものを適当に選ぼう。

研究にかかるコスト(期間)の低いものから選んでいくのが妥当かもしれない。研究には軍事系や内政系などさまざまなものがある。

f:id:diesoon:20170422170842j:plain

 

なお、ここに3人の担当者がいるがこれを「リーダー」という。ここにいるのは「科学者」で、ほかに帝国や植民星の政治的リーダーが「総督」、軍隊のリーダーが「提督」、地上軍のリーダーが「将軍」と4種類いる。そして彼らには寿命があって時間がたつと死ぬ。せっかくレベルを上げたリーダーがあっさり死ぬので、寿命を延ばす作戦も有効だ。

船ユニットや政府などリーダーを割り当てるスロットがあるものでも、割り当てが必須の場合やそうじゃない場合もある(テクノロジー研究に科学者は必須)(※追記:最近気付いたがテクノロジー研究に科学者は必須ではなかった。ただし科学者を割り当てないと研究スピードが大幅減となる。後半に「影響力」が枯渇して科学者を雇えなくても一応研究は進む)。だいたいリーダーなしでも活動できてしまいむしろ必須のほうが少ない。が、リーダーを雇うことで各種ブースト効果があるのでできるだけ雇いたい。将軍や提督はCivの偉人にも少し似ている。リーダー必須の場合は死んだら別のリーダーを雇わねばならない。

 

ゲームスタート2:調査船で調査開始

まだ時間は一時停止中だ。

 

つぎにやることは調査船で自分のいる星景の調査だ。まず星を調査することでその星にどのような資源(リソース)があるかを明らかにする。アノマリーを発見したりもする。Civでいう斥候である。調査船が探索すればするほど世界が広がっていく。

f:id:diesoon:20170422172328j:plain

 

ここで、操作方法についても少し説明すると、画面右端にいつも表示されているパネル「アウトライナー」ここに自分の所持している星や船ユニットなどがリストされる。ゲーム中盤からはなかなか膨大なリストになる。

基本的な操作として、このアウトライナーで項目を選んで(その星やユニットのいる場所に画面移動したい場合はダブルクリック)各アクションを行うことになる。星やユニットをマップ上で直接選択することもできるが、かなりわかりにくいのでアウトライナーを使ったほうが効率がいい。またアウトライナー上で項目を右クリックするとその星やユニットに移動できる。マップ上で探すよりも確実に速い。それにしても使いにくいUIだよなあ。

 

星を調査する具体的な方法は、アウトライナーで「調査船」を選択、そのままそのへんにある星を右クリックしてでてきたメニューにある「星系を調査」を選択。これで、この太陽系(Earthを選んだ場合)のすべての星の調査が自動的に行われる。

 

なお、MODの項で紹介した「Auto Auto-Explore」というMODは、この「星系を調査」が終わったら調査船が自動的に近くの星系に移動して調査を始める「自動探査」をメニューに追加してくれる便利MODだ。膨大なマップでプレイするにはこれがないとクリック作業がつらすぎる。慣れてきたら導入したい。

 

調査船に指令を出したところで時間を進めていこう。

画面右上にある一時停止マークあたりをクリック(あるいはスペースキーを押下)。

やっとゲームが本格的にスタートする。

 

ゲームスタート3:建設船で資源開発

この調査船が資源を見つけ次第、建設船で資源を開発していく。それまでは待機していよう。

f:id:diesoon:20170422174344j:plain

資源の種類は大きく分けてふたつ。鉱物系と科学系がある。それぞれの資源を採取するには、建設船でその星に「採掘ステーション」あるいは「研究ステーション」をつくる必要がある。調査船と同じ要領で、星を右クリックでその星に建設できるステーションの候補が出て来る。

なお、ダイヤマークは鉱物を表しておりあらゆる建造物の建設で消費される。つまりイニシャルの建造コストだ。たとえば研究ステーションの建設には「90」必要だが、所持している鉱物が90を切るとステーションを建設できないので、必要量がたまるまで待つしかない。最序盤ではとかく鉱物を切らしがちである。

 

また、施設やユニットにはイニシャルの建設コスト以外にも「維持費」がかかることを忘れてはいけない。ゲーム内での流通するお金は「エネルギー通貨」と呼ばれ、帝国を富国強兵していく資源として鉱物と同様に重要な役割を果たす。

どちらも、建設船で採掘ステーションをつくることによって取得できるが、序盤で先に研究ステーションばかりを建ててしまうと、鉱物とエネルギー通貨が増えないためやがて資源不足に陥る。最序盤は研究ステーションよりも採掘ステーションを優先して建てたい。

 

ゲームスタート4:追加で調査船をつくって探索の輪を拡げよう

※追加の調査船は、本来ゲーム時間を進める前に母星で建設指令を出しておくべきであるが、流れをわかりやすくするため後回しにした。

 

Civの序盤の定石「斥候-斥候-労働者(あるいはモニュメント)」のように、Stellarisではとりあえず最初に調査船を追加でひとつ作って外の星系を探索に行くのが定石らしい。

f:id:diesoon:20170422182626j:plain

この画面の出し方はいくつかあるが、一番簡単なのはアウトライナーから「Earth(母星)」をクリックすると管理パネルが表示されるので、下に並んでいるタブから一番右の「宇宙港」を選択。宇宙港では各攻撃ユニットや調査ユニットの建造、地上施設の建造などができる。ここで「調査船」をクリック。確認を待たず即座に建造開始となる。

 

ところでSterallisのUIでは、ところどころに出くわすこの「即座に決定」が意外にやっかいだ。何か間違えて操作してしまったときに戻ることができない場合がある。序盤には出てこないが「セクターの管理」なんかで操作を間違えると大事な影響力を失ったり非常に困ったことになる。

多くのゲームのUIでは、決定の前に「これでいいですか?」と確認ボタンが出て来ることが多いが、それが省略されているのはプレイのテンポを損なわない代わりに間違いも起きやすく良し悪しである。個人的にはせめて重要なコマンドでは確認ボタンはほしかったと思う。パラドゲーのクセなんだろうか。

 

調査船が完成するとアウトライナーに追加の調査船が表示される(わかりにくい)。Eキーでマップを銀河系表示にしてから、近くにある別の星系を右クリック&「星系を調査」で調査指令を出す。

f:id:diesoon:20170422190158j:plain

 

このとき忘れてはならないのが、調査船には必ず科学者が1人必要だということだ。上のキャプチャは科学者を割り当てた後である。

f:id:diesoon:20170422183526j:plain

 

調査船には科学者を割り当てないと指令が出せない。科学者を任命しよう。

f:id:diesoon:20170422183715j:plain

なお、科学者などのリーダーを雇うには「影響力」という資源が必要になる。影響力は星からは採掘できないので注意しよう。

 

ゲームスタート5:艦隊をどうするのか

ゲーム開始時からデフォルトで調査船とともに用意されているのが「1st Fleet」と呼ばれる軍船である。コルベットというこのゲームのなかでは最弱の攻撃船で構成されており、追加で攻撃船を量産して艦隊を増強するまでは誰にも勝てないと思ってよい。

 

じつはこの艦隊をゲーム序盤でどう扱うべきなのかぼくは未だによくわかっていない。

このゲームをやり始めたころ、よくわからずに艦隊(1st Fleet)を調査船のように銀河系をうろつかせていたのだけど、基本的に海賊に会って殲滅されるのが90%だとわかって、それ以来軍備を増強するタイミングまでは母星に常駐させるようにしている。これは正解なんだろうか?

軍備を増強するのはだいぶあとだから、それまでほって置かなければならないというのは何かを間違えているような気がしてならない。

 

 

すっかり長くなってしまった。序盤でもっと説明しなきゃならないことがありそうだけどそれはまた追記するかもしれない。