ダイスン

Arsenalとその他もろもろ

ルイ・フィリップはフットボール記者になりました

number.bunshun.jp

 

今朝読んだNUMBERの記事。『ぼくのプレミア・ライフ/Fever Pitch』で有名なグーナーで作家のニック・ホーンビィのインタビューなんだけど、インタビュアーがフィリップ・オークレー(フィリップ・オクレール/Philippe Auclair)で。彼の記事が日本語に翻訳されているのは初めて見たような。

 

この人、昔の渋谷系音楽とか好きな人なら知っているはずだけれど、エル・レーベルにいた「ルイ・フィリップ/Louis Philippe」なんだよな。You mary you懐かしいだろう?

 


Louis Philippe - You Mary You (7inch)

 

フィリップ・オークレーはArseblogの人たちと絡んでいたり、アーセナルがらみでときたま名前を見ていたから、アレっと思って調べたら本人だったのだ。それに言及している人をほとんど見かけたことがないけど、気づいてない人が多いんだな。

 

90年代に、ビーチボーイズ(ブライアン・ウイルソン)に多分に影響を受けた、だいぶ趣味的でマニアックな音楽でおそらくイギリスとフランスとベルギーと日本でだけ評価された彼。いまはフットボールのジャーナリストになっているのだよね。

Welcome to Sunshine - The Louis Philippe Web Site

 

芸名のルイ・フィリップならともかく、本名のフィリップ・オークレーのほうでピンときてしまう俺も俺である。

 

Ivory Tower

Ivory Tower

 

 

 

さて肝心のニック・ホーンビィのインタビュー。要約すれば、フットボールがアメリカナイズされてスタジアムにあった情熱が失われているという。たしかに入場料が高くて、スタジアムが高齢化しているというならばそれは問題だろうと思うが、SNSやネット社会まで批判するようでは、それらについていけない旧世代人の愚痴というか、始めから斜に構えた意見に見えてしまう。そういう冷笑的な態度もニック・ホーンビィらしいけど。

 

そういえばこの人って世界一有名なグーナーのひとりだと思うけど、あんまりメディアで名前を見かけない。このインタビューでも「まだアーセナルのサポーターなのか?」と問われているあたり、向こうでもあんまり消息を知られていないんだろうか。フランスのメディアだからかな。

 

まあいずれにせよ、先日の東本貢司氏の「古き良き擁護系」主張同様、新世代ファンにはあんまり生産性のない話しのように思えた。

blog.diesoon.com

 

チケット代金が高騰しているせいでスタジアムが高齢者に占拠されていたとして、若いファンたちがフットボールから離れていくようなきざしはあるんだろうか。まだ聞いたことがない。そういう深刻な状況になったときにはこの手の論説がもっと注目されるんだろうね。バブルはいつかは弾ける。そういう時代もいずれ来るんだろう。

 

 

ぼくのプレミアライフ フィーバーピッチ [DVD]

ぼくのプレミアライフ フィーバーピッチ [DVD]

 
ぼくのプレミア・ライフ (新潮文庫)

ぼくのプレミア・ライフ (新潮文庫)