ダイスン

Arsenalとその他もろもろ

『ハナとヒナは放課後』が秘めやかに爆終

スポンサードリンク

雑誌連載は去年の段階で終わっていたわけだが。

 

遅ればせながら、昨日買ってきた森永みるく先生の新刊であり最終巻『ハナとヒナは放課後(3)』を今朝読了した。2回続けて読んだ。3回めはきっと声に出して読むだろう。

 

このマンガはジャケットデザインがどれもよかったなあ。

ハナとヒナは放課後(3) (アクションコミックス(月刊アクション))

ハナとヒナは放課後(3) (アクションコミックス(月刊アクション))

 

 

『ハナとヒナは放課後(3)』を読み終わってしばらく放心したあと、おれは本当に本当に落胆した。『ハナとヒナは放課後』の連載が打ち切りになってしまうような、こんな世知辛い世の中に生きる価値はあるんだろうかと。

 

小生が購入した「新宿アニメイト」ではこともあろうに、平積みにすらなっていなかったのだ。森永みるく先生の新刊が。ここはどんな世界線なんだ。

 

ところで、いま森永みるく氏のツイッターを見たら、『ハナヒナ』3巻を熱く展開している書店がたくさんあって、単にアニメイトで買ってる場合じゃなかったってことだったらしい。ショックでかい。つかみるく先生は顔出ししてたんだな。ちょっと驚いた。

 

肝心の内容については、「打ち切り」ということで心配された終り方であるが、結果としてとてもよくまとまっていたと思う。ちゃんと完結していた。巻末の作者コメントによると「最終話を1話多く書かせてもらった」とのことで、うまく完結させるための苦労もうかがえた。

 

ただ実際のところ、3巻だけ見るとやや急ぎ足というか圧縮された印象はあった。たぶん、予想外の連載終了で当初の構想を限られたページに詰め込まねばならなかったんじゃないだろうか。もっとゆったりと作者の思うように描いてもらえたらとつくづく残念に思う。

 

1巻から3巻を隅々まで舐めるように読んだものの感想として、『ハナとヒナは放課後』は、やはり百合マンガの良作として後世に残すべき作品であると思う。

 

いくら売れていようがアニメ化しようが、そのへんの嘘くさくてしょうもない百合マンガとは決して一緒にしてほしくない、宝石のように尊い作品である。

 

悲しいけれどお別れだ。ハナとヒナよ永遠に。