読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイスン

Arsenalとその他もろもろ

座りションを強制するトイレのアイディア

暮らし

スポンサードリンク

f:id:diesoon:20161129112631p:plain

 

今朝、はてブのホットエントリで「小便が飛び散らない方法」みたいなエントリを、相変わらず男は座らない前提なんだなあと思いながら読んだ。

 

以前にも書いたが小生はもう数十年座りながらする派だ。自分で掃除するんだから始めから汚さないのが合理的なのは当たり前である。べつに男の尊厳がどうとかそんな話しではない。

 

友人の家を訪問したおりに、その家の奥方に「お願い!座ってして!」と懇願されたことも書いた。トイレの話しである。

 

ぼくも友人が家に来たら、トイレはきれいに使ってもらいたい。だが、座ってしろとは実際いいにくい。

 

昔住んでいた部屋では、仕事関係ふくめ来客が多かったので、トイレに「座ってしよう」と張り紙をしたこともあった。

 

こちらからわざわざそのようないいにくいことを伝えることなく、トイレで男性に座りションを強制させることはできないか。

 

そこから、そもそも座ってせざるを得ない便器であればいいのではないかと思い至ったのである。

 

座りション強制便器

 

洋便器というものは、立って用を足す人がいることを前提にした構造になっているので、立って用を足す人のことを考えなければそもそも便座と便器を分ける必要がなくなるはずだ。

 

「座りション強制便器」をぼくはここに提案したい。「便座」と「便器」の一体化がポイントだ。

便座が上がらないので、否応にも座ってせざるを得ない状況を作り出すのである。

 

それを実現したあかつきには、もうひとつの課題、それでも立って用を足すような恐れを知らない常識知らずの人間の心を挫かなければならない。そのために、便座には「絶対に小便がかかってはいけない」という忌避感を抱かせなければならない。

 

それにはいわゆる布の便座カバーが効果があるかもしれない。

布の便座カバーには人間にとって本能的に汚してはいけない領域としての刷り込みがある。大便時には自分も座る可能性のある便座カバーに好き好んで小便を散らせたい男はいない。

かぶせたり巻きつけたりする便座カバーの構造上、どうやって便器に一体化した便座に装着するかは議論の余地があるが、それは後世のイノベーションを待とう。

 

汚れないという以外にも、便座と便器が一体化することによる明らかなメリットがある。

 

メリットその1

一番のメリットは、「あ、うちのトイレ便座上がらないから座ってしてね」とか、あるいはこのタイプが普及したら「うちの座ってするやつなんだ、ごめんね」などと、座って小便をしてもらうことをよりさらりと伝えることができるのだ。

 

ぼくの友人の奥さんみたいな人はきっと少数派である。たぶん世の中の奥さんは旦那の友人のような来客に対して座りションをお願いすることに躊躇があるんじゃないだろうか。神経質だとか潔癖症だとか思われるんじゃないかとか、もし客が目上の人であればそんなことをいっては失礼になるんじゃないかと危惧するのも当然だ。そしてあなたは今日もいらぬストレスを抱えるのだ。

 

つまり便座一体型便器の導入で、あなたは必ずしも自分の意志「あなたの小汚い小便を撒き散らさないでね」をダイレクトにいって相手にイラッとされるかわりに、もっと「しょうがないけどお願いしますね」といったニュアンスでやんわり伝えることで、より円滑な以前と変わらぬ人間関係を彼らと保つことができるのだ。なんという人類の進歩と調和。クオリティ・オブ・ライフの実現。

 

メリットその2

もうひとつ、便器の構造が簡略化されることにより掃除が楽になるのだ。便器の掃除でやっかいな部分の一つが便座裏となっていることは、朝から晩まで外で働くお父さんなら知らずとも、ハウスキーパーの我々なら常識である。

また一人暮らしの女性の部屋を訪ねて、男性がいざ小便をしようと便座を上げて汚さにびっくりみたいな悲劇もなくなるだろう。

 

公共の場では効果は薄いが、自宅用なら

GTAVのトレバーみたいなやつが跋扈する公共の場ではもちろん普及は期待できないが、まずは自宅用であれば普及の可能性は十分あるんじゃないだろうか。

 

「便器一体型便座」で男性も座りションが当たり前に。便器メーカーにはぜひこのアイディアを採用して、世界中のトイレを愛する皆さまのQOLをいくらでも訴求していただきたい。