読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイスン

Arsenalとその他もろもろ

打ち切りってまじなのですか森永みるく先生『ハナとヒナは放課後』

マンガ

スポンサードリンク

『ハナとヒナは放課後3巻』を鼻歌まじりにググっていたら衝撃の情報が。9月の話しですごく今さらだけれど……。なんで気付かないんだおれ……。

 

yurinavi.com

 

信じられない……。ご本人がツイートしているということで大マジらしい。しかもツイート内容から察するに決して作家本人の意向ではない模様。

 

実は連載打ち切りが決まって、こんなに頑張っても、読んで貰えない位つまんないのかなーと凹んでしまって…

 

いや、まじでそんなことないっす。みるく先生。ぼくはあなたのファンだが、『ハナヒナ』は先生の傑作だと思っていたし、ちゃんと届いていましたよ!

 

連載終了とかじゃなくて「打ち切り」ってことばが痛すぎる。これがほんものの絶望感なんだな。まさにいま悲劇を目の当たりにしている。

 

連続で20回以上読んだり、たしかにおれの一時期の入れ混み具合はある意味で常軌を逸していたが、

 

blog.diesoon.com

(つかこのエントリをあげた時点で打ち切り決まってたんだな。。誰も教えてくれんかった。)

 

当然のように『ハナヒナ』はみるく先生の最高傑作!と思っていた読者はほかにもいるんだと思っていたから、まさかこんな幕切れが待っていようとはほんとうに夢にも思わなかった。なんてひどい仕打ちだ。

 

こんなに『ハナとヒナは放課後』が好きだったのはおれだけだったのかよ! ショックでかい。

 

もしおれがアラブの石油王だったら私財を投じてでも連載を続けてもらったのに。せめてIT社長(死語)だったら、FX投資で一山当てていたらと、考えれば考えるほどいまほど自分の境遇が情けなく思ったことはない。

 

好きなマンガも守ることができないこんな人生。がっかりだよ。本当に。今年一番がっかりした。

 

せめて3巻がきれいにまとまっていてくれることだけが救い。それか、あえて未完で終わらせていつかどこかで再開でも構わない。それはそれでうれしい。ハナとヒナがずっと下高井戸あたりで暮らしているかもしれない世界でおれは生きていたいんだ。

 

もし『ハナヒナ』の続きがコミケでしか買えないっていうなら、おじさんはそれこそ20年ぶりくらいに足を運んじゃうだろう。もしかしたらみるく先生的には同人で出したほうが儲かるのかもしれんしな。

 

 

あらためて考えても、「1巻が売れなかったから打ち切り」というのは出版社も当然ビジネスだし、営利企業の判断としてはしょうがないとは思う。売上がすべてだからね。

 

でももうちょっとなんとかできなかったのか。1巻が発売された時点でもっと騒げばよかったのか(その点ではおれも2巻発売時に『ハナヒナ』を知ったという後ろめたさがある)。出版社は1巻をもっとプッシュできなかったのか。月刊アクション編集部に佐倉綾音にステマを依頼するくらいのコネクションはなかったのか??

 

こうやって、ほんとうに貴重な作品が埋もれていくのを目の当たりにして、無力感を感じている。いったいどうすればよかったんだ。

 

 

百合モノが好きで未読だという方は少ないだろうが、もしいるようなら今からでも遅くはない。みるく先生を応援するためにもコミックスを買おう。

 

ハナとヒナは放課後(1) (アクションコミックス(月刊アクション))

ハナとヒナは放課後(1) (アクションコミックス(月刊アクション))

 

 

ハナとヒナは放課後(2) (アクションコミックス(月刊アクション))

ハナとヒナは放課後(2) (アクションコミックス(月刊アクション))