読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイスン

Arsenalとその他もろもろ

シュコドラン・ムスタフィとアーセナル学園

フットボール

スポンサードリンク

f:id:diesoon:20161004153233j:plain

写真はArsenal公式より

 

16/17シーズンよりお目見えのArsenalのニューボーイこと、シュコドラン・ムスタフィ。現地・国内のフットボールメディアでも、ここまでに見せているローラン・コシエルニとの息の合ったコンビネーションで「コスタフィ(Kostafi)」の呼び名もすっかりおなじみとなった。

 

そんなおり、Arsenalレジェンドのひとりアラン・スミス氏がムスタフィをべた褒めするコメントを発表。ロッカールームにおいてもすでに存在感を出しつつあるという指摘もあり、チーム内での人間関係や力関係について考えたときに、これが本当だとしたらすごいことなんだと思われるのだけれど、どれだけすごいのかをちょっとはかってみたくなった。

 

www.telegraph.co.uk

www.squawka.com

metro.co.uk

 

ところでフットボールのチーム内において、リーダー的存在になるためには、いくつかの要素があると思う。年齢、リーダーシップを取れる勝ち気な性格、コミュニケーション能力、ことば、そしてもちろんプレイヤーとしての実績や能力が必要なのはいうまでもない。

 

ムスタフィのリーダー適正

リーダーという意味では、今シーズン開幕当初ムスタフィよりも、メンヘングラッドバックで23才という若さでキャプテンを務めていたというグラニト・ジャカが若きキャプテンとして期待されていた面が大きいと思う。が、残念なことに彼はチームで100%のレギュラーポジションをいまだ勝ち取ることはできておらず、またインタビュー動画やインタビュー記事から察するに、チーム内の共通言語であろう英語が拙く、現状ではコミュニケーションに難点がある。その点、ムスタフィは英語はもちろんのこと、経歴からしてそれ以外のチーム内で流通しているいくつかの言語をすでに習得しているであろうことが伺え、すでにリーダー候補であってもおかしくはない。

また、すでに4つのヨーロッパ主要リーグでのプレイ経験があることにも注目をしておきたい。

 

<シュコドラン・ムスタフィの華麗なるプレイ遍歴>

   ハンブルグ(独)

 → エヴァートン(英)

 → サンプドリア(伊)

 → ヴァレンシア(西)

 → アーセナル(英)

f:id:diesoon:20161004154807p:plain

アルバニア系ドイツ人ということでドイツ語を筆頭に、英語、スペイン語、イタリア語(アルバニア人はイタリア語話者が多いらしい)に堪能と予想される。

Arsenalにおける多言語話者としては、ヴェンゲル監督やチェクが有名であるが、ムスタフィはそれに次ぐ人材かもしれない。

 

ムスタフィを中1としたときのアーセナルの年齢構成

キャプテンにふさわしい資質を考えたときに「年齢」は非常に重要である。なぜならば年齢は経験の証明でもあるからだ。そしてチームの中心メンバーの年齢構成を見ると、ムスタフィは24才とまだ若い。個人的な記憶では、Arsenalにおいてはかつて、ファブレガスが2008年に21才でキャプテンを務めたことがある(Mr. Arsenalことトニー・アダムスに次ぐ二番目の若さでのキャプテン就任だそう)。そういった意味においては、24才というのは決して早すぎる年齢ではないこともまた事実である。

 

そこで、16/17シーズンのスクオッドを年齢別にしてあらためて整理をしてみた。そして、わかりやすいようにムスタフィを中学校にあがったばかりの中学1年生とし、それを基準として、チーム内の年齢構成を見てみよう。我ながらうまいことまとまったと思う。

 

<聖アーセナル学園 16/17シーズン>

アーセン・ヴェンゲル先生の着任以来、2000年前後は隆盛を極めたプレミア学区の名門一貫校。新校舎設立による財政難のため育成を重視した教育で一定の成功を収めるが、オイルマネーで勃興した新興成金校の後塵を拝すなど苦しい時代を過ごす。近年、当初の予定どおり学園のファイナンス事情が好転し始めると、じわじわと成績を上げてきており、ヴェンゲル先生の契約が終りを迎え文字通り進退がかかった今シーズン、もっとも注目の学園である。

f:id:diesoon:20161004162155j:plain

※4月入学の日本式でカウント

 

ところでよく見るとわかるのが、アーセナル学園16/17シーズンでは初等部から大学まで幅広い年齢から偏りなくレギュラーメンバーが選定されている。風通しのよい学園である。それにしてもイウォビとベレリンの小学生コンビには度肝を抜かされる。

f:id:diesoon:20161004164820j:plain

 

ジャカやエルネニーとともに厳しい入学試験に合格し、晴れて入学したアーセナル学園中等部には、すでにアーロン・ラムジー先輩やフランシス・コクラン先輩といったうるさ方が幅を効かせており、さらに高等部にはフットボーラーとして最盛期を過ごすアレクシス、エジルといった綺羅星の如く輝くスター生徒たちが。※キーラン・ギブス先輩はいつまでも中学生っぽさが残るがもう高校生である。さらにさらに大学には4年生の生ける伝説ペトル・チェク、面倒見のいい2年のペアメルテ先輩を筆頭に、いつも笑顔のサンチャゴ先輩や頼れるコシ先輩が。

 

おわかりいただけただろうか?

このメンツで中学1年のしかも入りたてのキッズが、高校や大学の先輩を置いてチームのリーダーになるということの意味を。

ただし、これだけのメンツが揃いも揃いながら、リーダーになる人材がいないとご意見番たちは指摘する。

つまり年齢や実績を超えた「熱意」こそが、キャプテン/リーダーの資質であるのかもしれない。

f:id:diesoon:20161004171750j:plain

こういうこと?

 

 

いずれにせよ、Arsenalに関してはリーダー不在が叫ばれて久しい状況で、個人的にもここ数年のチームキャプテンが試合に必ずしも出ていないような状況は好ましくないとは常々感じていた。ちなみに現在のArsenalのチームキャプテンはペア・メルテザッカーであり、彼も怪我の影響はあるが開幕より試合には出ていない。ゲームキャプテンは現在のレギュラーメンバーである、コシエルニ、カソルラ、チェクらが務めている。

ムスタフィがもし若いうちにレギュラーに固定されて、フィールドやロッカールームでリーダーシップを発揮できるのであれば、ぜひキャプテンになってほしい。ガブリエルのアツさとコシエルニのクールさを兼ね備えた絶対のキャプテンに。

ファンとしてそれほどうれしいことはない。