読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイスン

Arsenalとその他もろもろ

ワッシュワリワリについて

駄話 音楽

スポンサードリンク

『ジェニーはご機嫌ななめ』ジューシー・フルーツなんかで聴かれるオールディーズ風のバッキング・コーラス。「マッシュ ワリワリ」だとずっと思っていて。ずっと思っていながらあれは何だと思っていて。ググッて解決。インターネットすごい。

どうも一般的には「ワッシュ ワリワリ」と聞こえるで認識されているらしい。「マッシュ ワリワリ」との検索結果の差は歴然である。

1974年the Rubettesのヒット曲「Sugar Baby Love」が起源のようだ。ウルトラ・ファルセット・ボイスからの「ワッシュワリワッシュワリワリ」。定番である。

 


The Rubettes - Sugar Baby Love (HD 16:9)

 

 

なおニコニコ大百科では「わっしゅわにわに」だという。クックドゥードゥルドゥー。

dic.nicovideo.jp

 

正解は「Bop-shu-waddy」あるいは「bop showaddy」。強引に日本語で表現するなら、「ばぷしゅわでぃわでぃ」か。

「Sugar Baby Love」のWikipediaページには、このわにわに秘話とも言うべきエピソードが記載されている。

"We had Paul DaVinci singing in that incredibly high falsetto voice and then a vocal group sings 'Bop-shu-waddy' over and over for about 3 minutes. Gerry Shury, who did the string arrangements, said, 'This is not going to work: you can't have a vocal group singing 'Bop-shu-waddy' non stop.' A lot of people said the same thing to us and the more determined I became to release it. The record was dormant for 6 or 7 weeks and then we got a break on Top of the Pops and it took off like a rocket and sold 6 million copies worldwide. Gerry said to me, 'I'm keeping my mouth shut and will concentrate on conducting the strings.'

 

(以下抄訳)

イントロ終りでリード・ボーカルのポールがえらい高いファルセットで入ると、コーラス隊がいきなりバックで「わっしゅわにわに」とか唄い始める。3分間もずっと繰り返し(笑い)。ストリングスのアレンジャーだったゲリーは「こりゃダメだ。わけわからんコーラスやめい」みたいな感じだし、他のみんなもそんなだったから、かえってこれはこのままリリースしなきゃってね。そしたらなんとそのあと6-7週はチャートを独占しちゃって。600万枚売れて「トップ・オブ・ザ・ポップス」に出たりもう大ブレイクしちゃったわけ。人生わからないね。ゲリーがあとで「おれはもうお口にチャックしてストリングスのアレンジに専念するわ」ってわざわざ言いに来たよ。アッハッハ。

Sugar Baby Love - Wikipedia, the free encyclopedia

 

「ワッシュワニワニ」は当時のイギリス人にとっても奇妙だったという心暖まるエピソード。謎が解けましたな。

あなたは「マッシュワリワリ」「ワッシュワリワリ」「ワッシュワニワニ」どれに聞こえるかな?