読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイスン

Arsenalとその他もろもろ

歯科衛生士と聞いてXXいことしか思い浮かばない

暮らし

スポンサードリンク

kuchi-lab.com

 

「お口のプロ」ってのもわざとだろうな。あざとい。

 

近ごろでは歯科医の数が多く、どの街にも複数の歯科診療所が存在し過当競争になっているらしい。

 

去年、ぼくも最寄り駅に近い歯医者に通っていたのだが、スタッフの歯科衛生士さんたちが主に20代と思われる若い女子ばかりで、とてもキラキラしていた。はにかんで話すさまはもしかしておれに惚れているのかと錯覚したものだ。毎回の診療時には女医はもちろん胸を当ててくることを忘れない。そしてスカートが短い。どう考えても短い。

 

仕事仲間でもある友人と世間話をしていたおりに、歯科衛生士のミニスカートの件が話題にのぼった。彼の話では、仕事で訪れた歯科診療所は吹き抜けの2階構造になっていて、待合のソファからちょうど見上げるかたちでうら若き女性スタッフたちのスカートのなかがうまいこと覗けるようになっていたという。過当競争に晒されている都会の歯科診療所では、そういった趣向で客(患者)を呼ぼうとしていることをもはや隠しもしない。下品なものだ。

 

なお、一通りの受診が済むと、今度は女医や歯科衛生士がしつこく次回、それも半年後や一年後の予約を勧めてくる。うっかりハーレム営業のリクエストに応えてしまおうものなら彼女らの顧客になってしまうということだ。気をつけねばならない。

 

XXということで合わせて読んでください。

diesoon.hatenablog.com