読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイスン

Arsenalとその他もろもろ

「甲鉄城のカバネリ」のOPが残念すぎて

スポンサードリンク

 

2016春アニメのなかでは、ここまでやっぱり抜けて面白いのが『甲鉄城のカバネリ』かな。ストーリーもゾンビものっぽくて好きだし、作画や美術もすごいリッチで話題になっていただけはある。各所で力の入れ具合からも大作感があふれている。ただ、楽しみに毎回観ているのに、このアニメ作品にはひとつ大変に残念なことがある。

オープニングの曲がどうしても椎名林檎っぽすぎて、そこだけはとても「チープ」に聴こえてしまうのだ。もしかしたらいうほど似てないのかもしれないけど、一度安っぽいモノマネだと思ってしまうともうそのイメージが離れなくて、「あーなんでなんだー」と毎回思ってしまう。この曲を使うくらいなら、なぜ椎名林檎に頼まなかったのだ。

「EGOIST」っていうグループが歌っているということで、ググったら『サイコパス』のときも同じように椎名林檎に似てるっていわれていたのだね。曲の調子とかもそうなんだけど、どうにも歌い方があからさまで。ひとかけらも影響を受けていないという主張はできないだろう。

ぼくは好きだった時期もあるけど、いま現在べつに椎名林檎というアーティストに特別の思い入れもないし、「歌舞伎町の女王」とかがヒットしていた当時は椎名林檎自体が誰それのパクリだなんだとアンチの連中が騒いでいたのも知っているから、EGOISTに憤りを覚えたりしているわけではない。その後、椎名林檎が数々のヒット曲を飛ばし、すでにJ-POPの歴史に名を残すほどの存在感があるわけだから、歌い方や楽曲のタイプとしてスタンダード化して、そのスタイルの模倣者がいたとしても驚くことでもないだろうと思う。実際にほかにも林檎フォロワーのアーティストはいるんだろうなとは思う。思うが、この『甲鉄城のカバネリ』は、こういった曲を大事なオープニングに使ってよかったんだろうか

ここ何年か振り返っても、名作と呼ばれる何度も見返したくなるようなアニメには必ずその作品をより印象づける名曲が付いている。名作だから結果的にOPやEDも印象深くなったという意見は否定しないが、やっぱり個性がある良曲が多いのは否めない。

 


魔法少女まどか☆マギカ1期オープニングコネクト

 


Steins;Gate OP full ~ Hacking to the Gate

 


進撃の巨人OP 【紅蓮の弓矢】高音質

 


化物語 Staple Stable

 

ほかにもいくらでも挙げられそうで、まあキリがない。これらの楽曲はやっぱりそれぞれに個性的で味わい深く、その曲自体がファンに長く愛される曲になるし、そのアニメの内容と不可分になってしまうくらい存在感がある。そして、あからさまに特定のアーティストの作風に似ているということもない。EGOISTの「KABANERI OF THE IRON FORTRESS」がこういった歴代のアニソンたちに比肩することができるようには思わなかった。

そういった意味で「甲鉄城のカバネリ」のOP曲は、作品の格に見合っていないように思われて非常に残念なのである。