ダイスン

Arsenalとその他もろもろ

15-16英国プレミアリーグの仁義なきノーロンダービーとチャンピオンズ争い

先日レスター・シティの優勝が決まったイングランドプレミアリーグ。優勝が決まってしまい、もはやサッカーファンの興味が尽きかけたゴールデン・ウィーク最終日、2位のスパーズが破れ、3・4位の直接対決でシティがアーセナルと引き分けという上位陣の思いもよらぬ足踏みで、少なくとも2位から5位までのチームのサポーターは、最終節までまったく目が離せない展開となった。


Arsenal 2-2 Man City (Away) | Jack Wilshere Was Outstanding!

マンチェスターのチャンピオンズ争い

ポイントのひとつは、いうまでもなく4位までのチャンピオンズ・リーグ出場権争いである。今季のBPLは、いわゆるビッグ4(マンU、マンC、アーセナルチェルシー)が揃って不調という珍しいシーズンで、ゆえにレスターやスパーズ、ウエストハムといった大穴が躍進できたシーズンでもあったのだけど、記録的な絶不調のチェルシーは別として、最終的にはビッグ4の3チームがチャンピオンズをかけた争いに絡んできている。

そして、チャンピオンズのストレートインをかけた3位争い(4位はリーグ戦のシーズン序盤に予選から出場しなければならず負担が重い)、マン・シティとアーセナルの一戦は、防戦一方のアウェイ・アーセナルがエースストライカー(笑)ジルーの活躍もあり、2度追いつく結果となりドロー決着した。仮にマン・シティが勝てば勝点で並び得失点差で大きく上回るマン・シティが3位になっていただけに、ほとんど勝ちに近い結果にグーナーも胸をなでおろしたかたちだ。

かたやマン・シティは、5位のマンUに2差に迫られるという最悪の結果になった。なぜ最悪かといえば、マンUは残り2試合を残しているからである。つまりこのビッグゲームに勝利できなかったことにより、マン・シティが残り1試合を勝ってもマンUが2試合勝利してしまえば、チャンピオンズを逃すという巨額の予算を使うビッグクラブにあってはならない事態に陥ることが決定したわけだ。なお、マン・シティに来シーズンから就任が発表されているペップ・グアルディオラには、来季CLを逃した場合に監督就任を取りやめるという特約があるのではないかと、ちまたでは囁かれている。さすがにんなこたあないと思うが。

ここでさらに面白いのが、マン・シティの浮沈のカギを握るマンUのミッドウィークゲームの相手が「ウエストハム」であることだ。今季躍進したチームのひとつウエストハムが、マンU相手に最終節でどのようなプレイを見せるのか。マンUにはまったくやっかいな相手である。さらにこの試合、来季から新スタジアムに移ることになっており、現在のウエストハムのホームスタジアムであるアプトンパークでの最終戦であること、まだELを狙える位置にいることなど、彼らのモチベーションは高い。マン・シティのサポーター全員がウエストハムに祈りを捧げる一夜である。ファンじゃないけどこれは楽しみ。日本時間で明日の深夜(水曜早朝)に行われる。スタジアムにいるシティのジャージ着て祈るサポーターがカメラに抜かれるに4m+1ポンド。

 

ノースロンドンのプライドをかけた2位争い

ポイントのもうひとつは、2位と3位のノースロンドン・ダービー。普段からスパーズへの激しい敵対心を隠さない現地のアーセナルのファンがもしかしたら優勝を逃したことよりも苦々しく思っているのが、スパーズよりも下位で終わることだ。ベンゲルアーセナル就任以来スパーズより下位でフィニッシュしたことがなく、当然ファンもジャック・ウィルシャーもスパーズを格下だと認識しているので、スパーズの後塵を拝するなど断じて許すことができるものではない。とはいえ、後半戦になってどんどんチーム状態を上げてきたスパーズ、一方年明け以降坂道を転げ落ちるように失速していったアーセナルとの勢いの差は歴然で、一時は追いつくことはほとんど絶望的かと思われた。しかし、スパーズが吉田麻也率いる(笑)サウサンプトンに敗れたことにより、残り1試合を残して勝点で2差まで縮まってしまった。

こちらも最終節が面白いのは、アーセナルが圧倒的降格が決定しているまさに死に体のアストン・ヴィラをホームで迎えるのに対し、スパーズは降格を賭けて死に物狂いで戦うであろうニューキャッスルとのアウェイマッチであることだ。シーズン途中でラファエル・ベニテス監督が就任したニューキャッスルは、リバプールやマン・シティとの引き分けを含むここ5試合負けなしと徐々に調子を上げてきており、すでに降格圏におり1ポイント差で追いかけるサンダランドの結果次第とはいえ、ベニテスが奇跡を起こすかに注目が集まっている。アーセナルの最終節勝利は固いという下馬評を考えれば、このプライドをかけたノースロンドン・ダービーはほとんどスパーズが負けるどうかだけにかかっている。ゆえに、彼らにかかるプレッシャーは相当なものだろう。※ここで負けるのがアーセナルとかいわないように。

 

現在(5/9)までの上位順位

2位 トテナム・ホットスパー 70

3位 アーセナル 68

4位 マンチェスター・シティ 65

5位 マンチェスター・ユナイテッド 63

となっている。数字は勝点。

 

激面白い15-16BPLの2位から4位争い
  Spurs(70) Arsenal(68) Man City(65) Man Utd(63)
5/10 火曜日(現地時間)       West Ham (away)
5/15 日曜日(現地時間) Newcastle (away) Aston Villa (home) Swansea (away) Bournemouth (home)