ダイスン

Arsenalとその他もろもろ

意外に知らない「チャンス・クリエイテッド」「キー・パス」とはなにか。Optaによるスタッツ定義

15/16シーズン終了前だが、BBCでは各パンディットによるPFAプレイヤー・オブ・ザ・シーズンの候補展望記事が出ていた。

www.bbc.com

 

ほとんどの識者があげているとおり、あとの数試合(6試合)でエジルが30アシストに到達するなどの大きな動きがなければ、今シーズンは岡崎慎司率いる(笑)レスター・シティのリヤド・マレズでほぼ決定だろう。

この手の記事では、マレズやパイエ、エジルといった二列目(非ストライカー系アタッカー)のスタッツを紹介するときに、「アシスト+ゴール」あるいは「チャンス・クリエイテッド」という指標データが使われることが多い。

現時点でゴール+アシストの1位がマレズ(27)2位がバーディ(25)とレスターの二人が独占。1位独走も納得のデータ。そしてアシストはもちろんチャンス・クリエイテッドで2位を引き離して断トツの1位はメスト・エジル(120)。2位のエリクセンとのポイント差は20以上。現在3位アーセナルのストライカー陣の不甲斐なさを改めて感じる。

ところで、ゴールは言わずもがなアシストもわかりやすいので「アシスト+ゴール」は明快だが、「チャンス・クリエイテッド」(Chance Created)がどのプレーをどういった基準で使っているかよくわからなかったので調べてみた。ほかにも興味深いワードがあったのでついでに。

 

以下、サッカーデータを供給しているOpta社ブログ「Optaのイベント定義」より。

optasports.com

 

Opta社によるスタッツ定義 

チャンス・クリエイテッド(Chances Created)の定義

まずはチャンス・クリエイテッドから。

Chances Created

Assists plus Key passes.

「チャンス・クリエイテッド = アシスト + キーパス」

ほう。

 

アシスト(Goal Assist)の定義

では、つぎにアシストの定義とは。

Goal Assist

The final pass or pass-cum-shot leading to the recipient of the ball scoring a goal. 

「アシスト(ゴール・アシスト) = 得点者への最後のパスあるいはシュート兼パス」

シュート兼パスというのは、結果的にパスになったシュートということか。偶然にパスになってしまったようなものもアシストとみなすということだろう。

 

キーパス(Key Pass) 

そして、気になるキーパス。

Key Pass

The final pass or pass-cum-shot leading to the recipient of the ball having an attempt at goal without scoring. 

「キー・パス = (シュートは打ったが)得点しそこなった者への最後のパスあるいはシュート兼パス」

俗にいう、アシスト未遂と捉えるといいかもしれない。

 

たまに、某掲示板などで、キーパスを漠然と「試合の流れのなかでキーになるようなパス」というような意味で使っている人を見かけるが、「キーパス」ということば自体は、厳密に定義されたフットボール用語である。

 

チャンス・クリエイテッドの定義に戻ると、つまり「チャンス・クリエイテッド」とは、ゴールしようがしまいがシュートにつながったプレイ(パス)ということになるようだ。だいたい想像どおりだけど、あらためて整理するとすっきりできた。

 

<広告>スポナビライブでプレミアリーグが観られるらしいです 

 

なお、このブログには「Fantasy Goal Assist」という項目もあって、それによると2013夏以降Fantasy Footballで使われている、ディフレクトからのゴールなど、広い範囲のアシストもカウントしていて、Optaデータを使うクライアントはオプションで選べるようだ。「Fantasy Football」というのはオンライン・ゲームである。たびたびいろいろなところで見かけるが、おれも実際よくわからない。

fantasy.premierleague.com

 

そのほか気になったキーワード

「ショット・オン・ターゲット」

当然「枠内シュート」のことだが、ゴールポストに当たったときなどはどうなるのか。

Optaによると、枠外はもちろんゴールポストに当たったシュートも「ショット・オフ・ターゲット」として記録されるらしい。ポストに当たったといっても、かすったものから内側に跳ね返ってゴールライン上にボールが転がるくらい際どいものもあるわけで、一律に枠外シュートでカウントされるのは納得いかないような気もしないでもない。

 

「ドリブルズ/テイク・オンズ」

「ボールを保持しながら相手に勝つこと。ドリブル成功とは、ポゼッションを保持しながら相手ディフェンダーに勝つことで、不成功となるのは、ドリブラーがタックルされたとき」とのこと。

つまりたとえば自陣深く敵がいない位置でいくらボールを持って進んでもドリブルとカウントされなくて、あくまで相手選手と対峙したときにカウントされるとのこと。なるほど。

 

「デュエルズ」

「相手サイドで50/50の状態から一対一の勝負に勝つこと。どのデュエルも敗者がいる」。

相手陣内のサイド深い位置でウインガーとサイドバックのデュエルというのはよくあるしわかりやすいけど、混んでるエリアだと一対一かどうか見極めるのは結構難しそう。