読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイスン

Arsenalとその他もろもろ

Amazonプライムで海外ドラマ「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」を観ている

ドラマ Amazonビデオ Amazonプライム

スポンサードリンク

ひまでAmazonプライムで時間をつぶしている。ひとまずまだ観ていなかった「Walking Dead」のシーズン5を一通り鑑賞して(シーズン6早くこい)、つぎに観始めたのがAmazonオリジナルドラマだという「Mozart in the Jungle」。ちょうどシーズン1を観終わりシーズン2に入ったところ。1エピソードが30分程度と非常に観やすいので、忙しいあなたにもおすすめである。

 

f:id:diesoon:20160307135853j:plain

 

音楽ものコメディ、とくにクラシックということで、アメリカ版「のだめカンタービレ」のようにコメントしている人もいて、実際に観てみるとなるほど感はあった。

 

伝統あるしかし近年は若干落ちぶれているNYC交響楽団に新しく着任した型破りな天才メキシコ人指揮者ロドリゴと、若く才能あるがいまいちイケていない成功を夢見るオーボエ奏者ヘイリーをめぐる物語。つぎつぎに魅力的なキャラクターたちが登場して、毎回なにかと出逢いまくり。これがニューヨークということなのか。

彼女が一応のだめポジションではあるけれど音楽家としては別に天才タイプでもないし、楽団員やルームメイトなど脇の登場人物たちが個性的なのに対してキャラクターもわりとノーマルで。いつの間にかちゃっかりマエストロの助手になってしまったりするあたりは世渡り上手でもある。そんななか、恋に仕事に3歩進んで2歩下がることで成長していく。成長していく? そんなだっけ。まあとにかく続きをどんどん観てしまうくらいには面白い。これも群像劇と呼ぶのか。以下「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」ポイント3つ。

 

1 「音楽すごい描写」があまりない 音楽の描き方

アニメとかマンガでない実写の音楽作品だと「すごい演奏」をどう描くかというのもひとつポイントになるんだと思って、ちょっと注目して観ていた。けど、このドラマにはそういうシーンがあまり出てこない。いや出てこなくもないけれど、ストーリー上そこはあまり重要じゃないからか、オーケストラがモチーフになっている作品にしては比較的あっさりしている。あるいは第三者に反応させるとかでなくストレートに音楽を聴かせる。日本の作品でこういう描き方があった場合に果たして成立するのかと考えてしまった。さそうあきらの「マエストロ」の映画化はどうだったんだろう。

出演者はもちろん役者ではあると思うけど、いわゆる「手パク」=フェイク演奏で気になるところがあまりないのもすごいと思った。演奏できる演者を選んだのだろうか。だとしたらやっぱりアメリカ恐るべし。唯一ロドリゴのイカれワイフ、アナ・マリアのバイオリン演奏シーンだけ明らかに指が動いていなかった。カメラワーク的にも隠す気もないようだったので、こういう割り切りもあるよなと逆に感心した。ちなみにシーズン2ではピアニストのLang Lang(ランラン)が本人役でカメオ出演している。知らなかったけどこの人ふつうに演技してますやん。やりますな。

 


Lang Lang in Mozart in the Jungle

 

あとは音楽で気持ちが高揚していく描写、本当に音楽をこころから楽しんでいる描写というのが好きだった。ゲリラ的にストリート(空き地)でリハーサルをするシーンなんかは、ぶーたれる楽団員のテンションがあがっていき、やがて通りすがりの人たちを巻き込んでパーティ状態に。最後はみんなの敵(ポリス)登場で楽団全員が結束するみたいな演出いいね。

 

2 ファックしすぎ

これはコメントでも指摘があったけれど、過剰にセックスする。出会ったらセックス。まずセックス。かなりすぐする。ファックはべつにいいけど、せっかくコメディで面白い作品なのにファミリーで観られないのは残念。ファックだからといってエロティックな描写というのはほとんどないので、大人同士で観るにはとくに支障はない。や、さすがに気まずいか。

子どもと一緒に観られないという意味では、楽団員にプッシャーがいたり、スモーキングシーンが頻出するなど結構ドラッグに寛容なところも気になった。そのあたりも2014年現代のニューヨークのリアルな姿を写しているんだろうね。多くの州でガンジャ解禁状態のアメリカといまだにシャブにはまった野球選手がまるで人殺しみたいに扱われる極東日本との意識の隔たりに絶望した。

原作のタイトルは "Mozart in thg Jungle: Sex, Drug & Clasical Music" もちろんIan Duryのアレのもじり。タイトルどおりじゃないか。

 

3 短い

30分をきるエピソードが多い。まあほとんどが約30分。WEBオリジナル連続ドラマというのをほぼ観たことがないのでこれが主流なのかどうかわからないけど、これは本当に観やすくて結構。そしてどのエピソードも内容が濃いので短くて物足りないというようにも思わなかった。テンポがよいということもあるだろう。これは忙しい大人が仕事から帰って夜に部屋でゆったり観るのに本当に適していると思うし、マーケティング上そういう観られ方を考えて作られた作品なのであろうと。

 

最後、英語の勉強のために海外ドラマを観るという人が結構いると思うけれど、ある程度初学者にもわかりやすい英語が話されていると思う。とくにロドリゴは英語ネイティブじゃないという設定で、くせのある英語をしゃべるのでそれがわかりやすい。いわゆるスペイン語なまりの英語でもないのかな(Rをルと発音するやつ)。まあとにかく面白いんでAmazonプライム会員の方にはおすすめだし、会員でない方は会員になって観たらいいです。

 

 

 

Amazonビデオ

Amazonビデオ