読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイスン

Arsenalとその他もろもろ

アーセナルFCの資産価値にふさわしい結果とは

Squawkaにサンチェスのインタビュー(コメント)の記事が来ていて、おや珍しいと思ったら元ネタはYouTubeにアップされている「Did Arsenal Redefine English Football?(アーセナルはイングランドのフットボールを変えたのか?)」というビデオだった。 ベレ…

おれのなかでエジル残留の確率がダダ上がり

各所で報道されている、メスト・エジルが自身のアーセナルにおける将来はヴェンゲルの去就に依存しないと語った件。 www.skysports.com これは、今年1月の「(契約更新については)ヴェンゲルがどうするかを見てから明らかにしたい」という彼自身のコメント…

アレクシス・サンチェスはおれたちをバカにしているのか

「サンチェスのスタッツにアーセナルの問題の兆候をみる」というSKY SPORTSの記事。CLバイエルン戦のもろもろで、アーセナルって何もかもクソだけどじつはサンチェスもクソなんじゃねえの?という記事をちらほら見かけるようになった。 なかなかパスを出さな…

【記録的大敗】16/17CLバイエルン戦の論点【アーセナル】

前半を1-0で折り返し、一矢報いるのかと思われた矢先にコシエルニのペナルティ内でのレッドカードが54分。後半はじまって10分を待たずアーセナルの挑戦は終わった。前半好調だったから、負けるにしてもいい試合をしてくれるもんだとちょっとでも期待してしま…

アッレグリがアーセナルにもたらすもの

来季のボス候補としてアーセナルとリンクされているユベントス監督のマックス・アッレグリ(Massimiliano Allegri/Max Allegri)が、もしアーセナルの監督に就任したらというエントリをSquawkaがアップ。 www.squawka.com ここに挙がっているアッレグリがア…

クラブがEPLやCLで得る賞金は、高額の選手獲得コストに見合うのか

マンUがネイマールを200Mポンド(日本円でおよそ280億円)で獲得というゴシップ記事。バルセロナが設定したネイマールの契約解除金が200Mポンドらしい。一気にポグバ二人分である。 ポグバの移籍金が安かったと思われる日はすぐ来ると豪語したモウリーニョだ…

サッカー選手の名前の発音は世界共通で難しい

個人的な関心から、フットボーラーの名前の発音について「スチェスニーじゃなくてチェズニーじゃね?」的な話題をこのブログでもたまにしているが、そのことについて気になっているのはじつは日本人だけじゃない。 自分たちが属している言語圏以外の地方の選…

【ASモナコ】キリアン・エンバッペって誰なんだ【アーセナル】

ASモナコの若きストライカー、キリアン・エンバッペ(Kylian Mbappé)の獲得を切望するグーナーが日増しに増えているという。 昨夜(日本時間今朝)の、CLマンシティVSモナコでその才能を惜しみなく見せつけた18歳。ついに現れた本物のNEXTティエリ・アンリ…

アーセナルはコクランがいないほうがいいのか

おなじみWhoScored.comにフランシス・コクランに関するコラムが来ていた。プレミアリーグに関する記事をたくさん書いているJonathan Wilson氏による分析記事。 「アーセナルはコクラン抜きのほうがほんとうにいいチームなのか」 https://www.whoscored.com/A…

アーセン・ヴェンゲルを解任することの難しさ

アーセナルにまつわるブログエントリをほとんど毎日15年も続けているという、グーナー御用達ブログArseblog。このブログ主Andrew Mangan氏が、ヴェンゲル退任問題について米ESPNに寄稿した記事がなかなか興味深かった。 www.espnfc.com

「ポスト・アレクシス&エジル」アーセナル17/18シーズン展望

「ヴェンゲル・アウト!」の大合唱が少しは落ち着いたかな。 ここ数年は、幾度も同じ内容で批判を繰り返されてきたヴェンゲル監督だけれど、ミッドウィークのCLバイヤンでの「恥ずかしい敗戦」は過去最大の批判を巻き起こしている。 ファンはもちろんメディ…

ルイ・フィリップはフットボール記者になりました

number.bunshun.jp 今朝読んだNUMBERの記事。『ぼくのプレミア・ライフ/Fever Pitch』で有名なグーナーで作家のニック・ホーンビィのインタビューなんだけど、インタビュアーがフィリップ・オークレー(フィリップ・オクレール/Philippe Auclair)で。彼の…

なぜジャック・ウィルシャーはボーンマスで怪我をしないのか

今晩(日本時間明朝)、プレミアリーグではボーンマスとマン・シティの一戦が行われることもあり、ジャック・ウィルシャーにまつわる記事が何本かあった。 www.skysports.com ジャック・ウィルシャーは、今シーズン始めからボーンマスにローン移籍して以来、…

イアン・ライト「ヴェンゲル、アーセナルやめるってよ」

日本時間の今朝、BBCがブレイキング。 www.bbc.com イアン・ライトがアーセン・ヴェンゲルからじきじきに、アーセナルでの監督生活に終りが近づいていることをほのめかされたようだ。

アーセナルがレスター・シティ(15/16モデル)から本当に獲得すべきだったのは誰だ

www.bbc.com BBC SPORTSが「どうしちまったんだレスター?」という記事を投下。今季不調のレスター・シティを分析している。 昨シーズンのEPL優勝チームのスタープレイヤー、ヴァーディ、マレズ、カンテの3人のうち2人が残るという予想外の展開に、意気揚々…

ヴェンゲル後任候補まとめ【ゴシップ】

「契約をまっとうする」と事あるごとに発言しているように、ヴェンゲルは自ら退任を希望しないし、クラブもヴェンゲルが続投を望むようならあえてリスクを取る必要性もないので、ファンやメディアがいくら騒ごうが、来季以降もヴェンゲルは続投するはずだ。 …

ヴェンゲルは解任されるべきか ギャリー・ネヴィル、ジェイミー・キャラガー、ナイアル・クイン

あまりにも毎度の光景だったからか、思ったより盛り上がってないAW批判。 www.skysports.com 先週末の敗戦以降、議論も一巡してとりあえずこの辺りがまとまっているかなということで、SKY SPORTSの記事「アーセン・ヴェンゲルの時代は終了? ギャリー・ネヴ…

16/17チェルシー戦(A)が歴史に残るゲームになる可能性

「いっそのこと4位に入れなければいいのに」 そう考えるグーナーは少なくない。毎年、そこそこの選手でそこそこのチームをつくり、シーズンが終わってみれば幸か不幸か「4位以内」とそこそこの成績を残し、なんとなく「来季こそは」という空気が蔓延している…

Same Old Arsenalとヴェンゲルの限界

ミッドウィークにワトフォードに負けたもんで、いつものアーセナル批判が渦巻いている。若干聞き飽きている"Same Old Criticism"である。そして、メディアにそういう記事をせっせと飽かずに書かせているのがわれらが"Same Old Arsenal"である。 www.bbc.com

フランシス・コクランというジレンマ

FAカップのサウサンプトン戦の爆勝の興奮から以下のようなエントリを書いてしまったあとに、衝撃の事実が。ある意味ワトフォード戦の敗戦よりも。 blog.diesoon.com

アレックス・オックスレイド=チェンバレンにアーセナルの中盤を任せていいのか

先日のFAカップ、サウサンプトン戦で見せたアレックス・オックスレイド=チェンバレン(以下Ox)のセントラル・ミッドフィールドでの活躍が話題である。ざわざわ。 昨日のプレスカンファレンスでボスはこう語った。 彼(Ox)はいいウインガーであり、いいCM…

英国人フットボーラーはなぜ海外でプレイしないんですか問題

「フットボールチャンネル」ってサイト。記事のページネーションがとにかく細切れでぼくが嫌いなタイプのウェブサイトであんまり訪れたくはないのだけど、東本貢司さんの署名記事ということで読んだ。 www.footballchannel.jp

Don't you want me baby? アレクシス・サンチェスのチャントに見る俺たちおっさん世代ミュージック

♪ァレクシス・サンチェス、ベイベー ♪ァレクシス・サンチェス、アーアアアー なんかずっとRick Astleyだと思いこんでいて。ストック・エイトケン・ウォーターマンだと思いこんでいて。 アレクシスのチャントの元ネタは、The Human League、1981年の大ヒット…

【ビッグロンドン・ダービー】アーセナル vs チェルシー チーム夕食会7つの違い

こういうしょうもない話題も嫌いじゃない。 www.mirror.co.uk 今週ガナーズのみんなが、レッド喰らうわ空港で捕まるわでシッチャカメッチャカ傷心のジャカを励ますために(?)ディナーパーティを開いたのはご存知の通り。エジルがいねえ。 Dinner with the …

プレミアリーグ、今季のベストCM/DMは誰だ?

ジャカ問題でちょうどアーセナルのセントラル・ミッドフィールドについて考えていた流れで来ていたSquawkaのエントリ。 『カンテ vs エレーラ vs ヘンダーソン vs コクラン vs ワニヤマ 誰がEPLのベストCDMか?』がなかなか面白かった。トップ6のチームを対…

グラニト・ジャカはニュー・ヴィエラなのか? アーセナル新旧DMを比較

週末のバーンリー戦でまたやらかした。無謀で不必要なタックルでレッドカードのグラニト・ジャカに批判が集中している。 「過ちから学ばないジャカ」 学ばないジャカ ESPNのこの記事では、ジャカが説明した彼自身のラフなプレイスタイルそして「カードは問題…

ジャカなしで組みたいフォーメーション3つ

まったくもってプアーなタックルでグラニト・ジャカは4試合出場停止らしい。負けこそしなかったものの、昨日のタックルはあきらかに戦犯級の失態だった。「プレイスタイルは変えない」と豪語しているジャカであるが、彼は今一度、人生における謙虚さというも…

アーセナル、移籍にもっとも近いのは誰だ予想2017冬

全世界のグーナーが購読しているArseblog。毎日更新される記事では定期的に移籍予想をやっているが、昨日最新の移籍予想エントリがきていた。 arseblog.com アレクシスやエジルはもちろん、同じく残り期間が迫るOxやジャック方面にも契約更新難航の予感の足…

プレミアリーグを運営するFA(英国フットボール協会)がダイビングの厳罰化を検討中

先日行われたスウォンジーvsアーセナル戦でのBBCライブテキストより。 前半終了間際の44分、スウォンジーのキ選手がペナルティボックス内に侵入し転倒。すわペナルティかとスタジアムが固唾をのむなか、レフェリーのマイク・ジョーンズはすかさずキ選手にイ…

チャイナが本当に獲得すべきはアーセン・ヴェンゲルなんじゃないのか

今朝読んだこの記事によると、中国国内でも爆買いへの批判を隠さない良識派がいるという。 www.footballchannel.jp 昨今ビジネス的な側面ばかりがクロースアップされがちだが、中国サッカーが本来目指すべき目標はもちろん、自国人民フットボーラーのレベル…

まさかアレクシスはチャイナ移籍に揺れているんじゃないか疑惑

EPL界隈の週末はコスタの話題でもちきりだった。なにしろ世界最強プレミアリーグのトップチームのレギュラーで得点ランキングだってトップをまっしぐらのストライカーが、金目当てで中国に移籍するかもというのだからたまげる。街はもう大騒ぎさ。

(もしもエジルが契約延長しなかったら)アーセナルの4-4-2の可能性

写真はArsenal公式より いまだ契約延長が難航しているアレクシス・サンチェスとメスト・エジルについて、Arsenalレジェンドのひとりであるマーティン・キーオン氏が、ふたりの契約延長を願うとしながらも「ふたりのうちひとりは契約延長するんじゃね。てかエ…

ムサとシソコとデンベレと、そしてトラオレ

metro.co.uk プレミアリーグの上位チームがこぞって熱視線を送るムサ・デンベレ(Moussa Dembele)について、セルティックのロジャース監督が、「夏まで出さん!」といっているようだ。

引退寸前のサミル・ナスリ氏が半生を激白

現在ドーピング疑惑で選手生命の危機にさらせれているという、毎度お騒がせ、稀代の悪童フットボーラーこと、サミル・ナスリ選手が仏誌『Onze Mondial』だけに語った。 取材嫌いでメディアから遠ざかっている彼であるにも関わらず、取材時間は2時間超え、14…

ゼラレムはドルトムントに放出、トラルはレンジャーズにさらなるローンへ

一部報道によると、BVBことドルトムントがアーセナルの19才、ゲディオン・ゼラレム(ジェディオン・ゼラレム)を獲得間近であるとのこと。 www.espnfc.com ゼラレムはドルトムントへ ゼラレムは15/16シーズンを不本意に過ごしたグラスゴー・レンジャーズから…

「ヤング・アシュリー・コール」コーエン・ブラモールArsenalに来る

From non-league to Arsenal in 48 hours | Bramall: It's a dream come true イングランド・ノンリーグ・フットボールから、いきなりプレミアリーグの強豪Arsenalとの契約を勝ち取ってしまった20才のシンデレラボーイこと、コーエン・ブラモール(Cohen Bra…

フットボール業界の英語と米語

これ面白かったなあ。ふだん英系メディアをチェックしているけどこんなことが話題になっているなんて知らなかった。 jp.wsj.com 英国人が「soccer」のようなアメリカ流の呼び方を蔑んでいるような場面は何度か見かけたことがあるように思う。「サッカー(苦…

VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の海外反応

海外反応(笑)。 先日のクラブ・ワールドカップで初めて導入されたというVAR、すなわちビデオ・アシスタント・レフェリーについて、Arsenlのヴェンゲル監督とFIFA会長によるコメント(BBCスポーツ)を紹介しよう。 blog.diesoon.com

ビデオアシスタントレフェリー(VAR)による判定と人間による公正なジャッジの限界

昨日の夜、クラブ・ワールドカップの鹿島アントラーズとアトレチコ・ナシオナルの試合をテレビで観ていた。 結果は大方の予想を裏切るアントラーズの勝ち抜けということで、日本人としては大変にめでたいわけだが、アントラーズの1点目が史上初のVAR(ビデオ…

グラニト・ジャカへの冷遇にいい加減ざわつき始めたArsenal界隈

画像は公式サイトより Arsemal 16/17シーズンからチームに加わった超絶高額移籍金選手、スイス人MFグラニト・ジャカのプレイタイムが伸びないことにファンはいらいらを募らせている。 www.fourfourtwo.com どんな移籍選手にもあるチームへの適応や、とくに難…

驚異の得点力・Arsenalユースの新星、エディ・エンケティア(Eddie Nketiah)とは誰ですか

2016年9月にArsenalと初めてのプロ契約を結んだガーナイアン・イングリッシュのユース選手、「エディ・エンケティア」(Eddie Nketiah)。 CLルドゴレツ戦(ユース)で2得点、そして昨日、U23レスター戦でハットトリックを決めたこともあり、この界隈での注…

もはや公式ですら透明な存在として扱うドビュッシーという漢

ベレリンがノースロンドンダービーで足首を負傷していたということで、今後4週間の離脱をボスが認めた(BBC)。 そしてさきほど公式にアップされたのがこのポスト「ライトバックを誰と置き換える?」。もちろん11月はArsenalにとって魔の月であり、週末には…

彼女がオレのラウドルップをころころと弄ぶと……

ゆうべの日本代表の試合おもしろかったな。スタメンも納得のメンツだったし。やっぱり調子のよい選手を使わないとね。小林祐希が見られなかったのだけが残念。ま、入る場所がないんだけど。清武はもちろん変えがきかないし、長谷部と山口もいまのところ変え…

「トップ下」は英語で何という?

「トップ下」。それは日本のサッカーの世界で特別な意味を持つことば。翼くんがストライカーではなくトップ下の選手であったことは偶然ではない。ゲームの中心にいつもいて、ゲームの流れをつくっていくゲームメーカー、それが「トップ下」と呼ばれるポジシ…

Arsenalの人間関係がかいま見えるCL前日の練習風景

www.mirror.co.uk 英ミラーから。ブルガリアのルドゴレツ(PFCルドゴレツ・ラズグラド)をホームに迎えるチャンピオンズの一戦を前にした練習風景。Arsenal公式だときれいに編集されていて観やすいが、記者が撮ったであろうこういう雑なビデオも臨場感があっ…

Arsenal学園のお友だちの誕生月を知る

Arsenalのニューボーイ、シュコドラン・ムスタフィのリーダー適正について考えた以前のエントリ、 そして、Arsenal内で話されている言語の勢力について考えた昨日のエントリ Arsenalにおける年齢や出身地域の相関関係を示した。どちらのエントリも苦労して図…

Arsenalにおける言語勢力図

アーセナルのチーム内において話される言語勢力について考えてみた。 図A アーセナル16/17 言語勢力図(ローンで出ていった選手も含めてある) イングランドのクラブで英語が当たり前じゃないかと思われるが、ヴェンゲル監督以降フランス人プレイヤーを重用…

Optaこぼれ話

さきほどアップしたエントリでスポーツのデータプロバイダー「Opta」に触れたのだけど、Opta社の各国語版のツイッターアカウントがおもしろいことになっていた。 blog.diesoon.com www.optasports.com フッターにあるソーシャルサイトのアカウントのリストを…

WhoScored vs. Squawka フットボールのレイティングサイトの採点方法について

個人的に気になったので調べてみた。誤訳の可能性はある。赤の印はブログ主による。 まずはWhoScoredから。こういうサイト。 WhoScoredレイティング(採点)の説明 「WhoScoredレイティング」は、フットボールの世界でもっとも正確で、もっとも尊重され、も…

シュコドラン・ムスタフィとアーセナル学園

写真はArsenal公式より 16/17シーズンよりお目見えのArsenalのニューボーイこと、シュコドラン・ムスタフィ。現地・国内のフットボールメディアでも、ここまでに見せているローラン・コシエルニとの息の合ったコンビネーションで「コスタフィ(Kostafi)」の…